2010年06月19日

光、逝く

久々の更新が寂しくて、ごめんなさい。

6月17日に親戚の家のビーグルのミックス「光」が亡くなりました。

17歳。大往生だね。

EPSON019.JPG

最後は歩けなかったそうです。

光はドルトのお兄ちゃんのようなもの。

img017.jpg

ドルトを迎えるきっかけをくれたのが光家です。

うちの家族より先にドルトに会っていたのは光でした。

img076.jpg

一ヵ月後に兄弟と一緒にワクチンを受けるドルトは光と再会していました。

もう、光と大きさが変わらない。

自分より大きくなっても弟であることには変わらなかったようです。

玄関で寝ているドルトをそっと見に行ったり、常に気を使ってくれてやさしいお兄ちゃんでした。

img236.jpg

つい先週、ダルクと両親、妹は会ってきていました。
(写真はそのときのものではないです)

寝たきりになっていたけど、自分で立って歓迎してくれたそうです。

その他にも光家の家族の友達もいっぱい会いに来てくれていたみたい。

ドルトのときもそうだったね。

negaeri0152.jpg

今頃は虹の橋で再会してますか?

ドルトと一緒にウマウマいっぱい、たくさん遊んでね。

光、ありがとう!


ニックネーム ドルママ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

一日早いけど

ドルト、誕生日おめでとう!

P1030922.JPG

明日は仕事で会いに行くことが出来ないから、今日は花とウマウマでドルトを飾ってみたよ。

虹の橋に行っていなければ、15歳だねぇ。

EPSON015.JPG

ブログを更新していなかった間に、虹の橋にいっぱい友達が行ったでしょう。

こちらにいるときは犬友達とはなかなかなじまなかったけど、そちらでは新人さんと仲良くしてね☆

img150.jpg

ダルクはだいぶ大きくなったよ。

少しずつ賢くなってきています。

negaeri0016.jpg

ドルトと全く逆なのが面白いよね。

ドルトのところにおいてあるご褒美を狙っているよ。

negaeri0110.jpg

ドルトはやっぱり可愛いね。

性格は人間みたいだったけどね!


ニックネーム ドルママ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

1年経って

命日は18日だったけど、体調不良だったので今日ドルトの骨に会ってきました。

P1010565.JPG

ダルクが一緒だったのとドルトの棚が高い場所なので、ゆっくり話ができなかったね。

でも、ドルト、たまに家に来てるでしょう。

ダルクがあらぬ方向をじっと見たり、吠えたりするんだよね。

お母さんはドルトのよく居た方向を見てるって言うよ。

ダルクのしつけをお願いしたりしちゃってるしね。

家族もそのほうが嬉しいからどんどん来ちゃって!

一年が経ったなんてね、早いの遅いのかはわからないけどまだまだドルトが居なくなった寂しさは癒えていないよ。

顕微鏡を覗いてるときとか、一人で運転してるときとか泣いちゃうときがあるんだ。

ここ一週間は、去年の今頃は…って考えるたびに所かまわず泣きそうになってたよ。

そんなだから体調を崩したのかなって。

ばかだねぇ。

いつまでもドルトは特別!

わんこはたいていの子は可愛いけれど、ダルクとかワンコ友達とかの出会いはドルトがつないでくれたんだよね。

おかげさまでダルクは「ドルトはしなかったけれど、私がやって欲しいと思っていたこと」をことごとくクリアしてくれます。

ついつい比べちゃうけど、本当に面白い。

来年はどんな気持ちでドルトに会いに行くんだろう。

ダルクも大きくなって、少し落ち着いてくれるかなぁ。


ニックネーム ドルママ at 22:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

今日は



ドルトが旅立ってちょうど一年。

ひどい頭痛で納骨堂に行けなかった。

一年前の痛みがそのまま吹き出したかのよう。

とても情けない。

元気になって必ず行くから。

ニックネーム ドルママ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お泊り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

名前

ドルトがいなくなって7ヶ月と二日です。

今日はどうして「ドルト」になったか。

名付け親は私です。

当時は高校生…一戸建てに引っ越して、テレビでゴールデンをよく見るようになって飼いたいって駄々をこねました。

父は犬はお金で買うものではないと反対。妹も死ぬのを見るのがいやだからと反対。

それでもいろいろな協力があって飼うことになったのは、ドルトに呼ばれたからなのか…縁って不思議ですね。

高速で一時間半の仲立ちをしてくれた親戚の家に迎えに行く間、私はずっと名前を考えていた気がします。

顔を見て、その中のひとつ「ドルト」に決まったんです。

即決です。

我ながらなかなかいい名前だなぁと。

人間の名前もそうだけど、呼びやすさ、聞き取りやすさがとても重要だと思うんです。

今の人間の親はインパクトを求めるようですけれど、仕事柄いろいろな名前を見ていて、読み方が一発でわからない名前は悲しいなって思います。
(うちの苗字も変わっていて、読み間違えられるのは残念に思っていました)

そういう意味でも、「ドルト」は略して「ドル」って呼んでもはっきり聞こえるし、ちょっと珍しいのですぐに覚えてもらえてお年寄りでも名前を覚えてくれました。

EPSON001.JPG
ドルトが家に来たころ。

そして、14年ぶりに名前騒動が起きています!

来週うちにパピーちゃんが来る予定!!!

ついにドルトが見つけてくれたようです。

今回は家族みんなが考えています。

あーでもない、こーでもない…

どんな名前になるのか、どんなワンコライフが待っているのか。

いい大人が5人、毎日わくわくそわそわしています。
ニックネーム ドルママ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

もう半年です。

日付が変わってしまったけれど、18日は母の誕生日でさらにドルトが亡くなってちょうど6ヶ月でした。

短いようで長い、長いようで短い6ヶ月…

家族の中でたぶん私が一番立ち直れていないかも。

次の子を迎える話も出ています。

ただ、父が反対というか覚悟ができていないというか。

お正月はけんかでした!

歳も歳だし、体力的なことを考えると踏み切れないのかも。

他の家族は犬のいない生活に段々耐え切れなくなってきています。

私も週末は札幌へ行く用事があるので、犬と触れ合えるところへ行ってこようかと思ってます。

父はまだ覚悟ができていませんが、北海道生まれのゴールデンレトリバーの赤ちゃんを探しています。

実際に犬を見ると迎えたくなるのではないかと家族は考えています。

次の子の時には…的な話は何度も父の口から出ているので、冷戦状態だけどあきらめてはいません。

そろそろ出産シーズンに向かうので、情報を集めたいのです。

心当たりのある方は一方お願いいたします。


ニックネーム ドルママ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

ドリーム

いきなりですが、年末ジャンボ宝くじ買いましたか?

今年は30周年みたいなのでちょっとだけ買ってみました。

たまに買っていたけれど、当たらないのがほとんどだし、大量に買うわけではないので元が取れたらいいなぁくらいの気持ちです。

今回はせっかくなので、3億当たったらどうするか思いっきり考えてみることにします。

だって、どうせ当たらないなら想像力使って楽しんだほうがお得ですよね!?


ドルトを飼うようになって、ワンコ好きに拍車がかかったのですが、ワンコと外出するにはまだまだ制約が多い感は否めません。

特にゴールデンなどの大型犬は、ドッグランに行っても小型犬に遠慮気味。(飼い主が)

この一年くらい、いろいろなブログを見せていただいてこんな世界もあるのか!?と驚くことがいっぱいでした。

ペット業界は本当にすごいことになってますね。

そこで宝くじが当たったならば、ワンコと遊べる環境を作りたい!

ドッグランや犬用プール併設のドックカフェとかホテルとか。

ドルト地方は自然が豊富だし、夏も冬も楽しめます☆

海か湖の見えるところに土地を買って、おいしいスウィーツとワンコうまうまたくさん用意して、いろんなワンコさんと触れ合って、その飼い主さんとはワンコ環境について話し合ったりしてみたり。

たまにはゲストを呼んでサロンみたいにお茶をしながら勉強会とか…

そんなことは本当に可能なのか、どういう手続きをすれば作ることが出来るのか、オープンまでにどのくらい時間がかかるのかなど、本格的に考えるとすごく面白い!!

いろいろ調べてみようと思ったけど、やっぱり師走で忙しい…

実は希望の場所があったりもするんですけどね。

今年もあと3日限定のドリームです☆


ニックネーム ドルママ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

100日です

ここのところ、気持ちが落ち込み気味だったので更新サボる…

復活しましょう♪

25日は100日です。

連休最後の24日、納骨堂にドルトの遺骨を預けてきました。

亡くなったときに火葬してもらったペット霊園です。

管理している方もいろいろと慰めてくれて、ドルト地方では一番信頼できるところかなと思います。

永代供養と納骨堂を選べるのですが、家族も初めてのことで思いがいっぱいなので納骨堂を借りることにしました。

父は一緒に入りたいくらいだそうです…

DSC00186.JPG

家にあるものでそろえたので、落ち着いた感じになっていますが…

他のワンコさんニャンコさんはとても志向を凝らしたつくりになっていました。

管理人さんの話によるとおまいりに来る人は毎日絶えないそうです。

私たちが準備している間も、自分のペットに話しかけている人いました。

クリスマスが近いのでこんなことも☆

DSC00188.JPG

(逆光で見にくいですが…)
クリスマスツリーに名前を書いた短冊を飾ってくれていました。

もちろんドルトも!

一緒に楽しむよって言う心遣いがうれしかったです。

お値段も良心的ではないでしょうか。

ドルトの月命日には行けるときには花を手向けに行こうと思います。

そして寂しくなったドルト家。

こちらも、寂しくないようにしないとね。


ニックネーム ドルママ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

四十九日(昨日)

7週間ということですね。

早いものです。

たんすの中身も冬物が少しずつ増えてます。

ドルトがなくなったときに、花を持ってきてくれた方やお世話になった方にお礼に何か出来ないかなぁと面白いものを作ってみました。

P1020440.JPG

デコチョコです。

味がビスケットとミルクを選べて、ひとつの味で三種類のデザインを作ることが出来ます。

45個入りで2362円で、ドルトのは2種類の味、6デザイン作りました。

デザインはネットで作っていきます。

届くまでに2,3週間、クール宅急便で届きました。

tiroru2.jpg

こんな感じ♪

配るときはひとり一個ずつ位しか渡せなかったけれど、小さいときからの写真を一枚にまとめたものと一緒にお礼。

とても喜んでもらえました。

食べるのがもったいないと…皆さん言ってくれます。

「家の犬が死んだら作る!」という方も…

いえいえ、今作ってあげてください!

デコチョコのサイトでは食べ終わった外紙を型にかぶせてマグネットにするキットも売ってます。

冷蔵庫にドルトがいっぱいです。
ニックネーム ドルママ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

一ヶ月です

もう一ヶ月です。

ドルトがいないことにはまだ慣れていないけれど、

写真を見たり、ビデオを見たりは泣かなくても大丈夫になったかな。

意外とドルト家の人たちはバッチコイです。

ドルトがなくなった次の日には、母はドルトに使っていた雑巾やらをさくさくと捨ててしまい、

離れて暮らしている妹は、ドルトがいなくなって初めて家に帰ってきたのに昔の写真を整理し始めました。

きっとそれぞれがそれぞれの方法で、寂しさから立ち直っていこうとしているんだろうな。

私は去年あたりから、来年の今日ドルトはいるだろうかって考え始めていたから、お別れの準備時間はかなり長いほうだったと思う。

それでも家族は私のことを一番心配していたようです。

かなり泣いたし、ちょっとの間、外部との接触を避けていたりもしていたから。

ドルトは自分でお別れを選んでいったと思います。

母は暑さを乗り切ることを言い聞かせていました。

なくなった次の日からすごく過ごしやすい気候になった。

私はとにかく苦しまないでと祈りました。

なくなったとき、ご飯を食べてちょっと目を放した隙に息を引き取ったそうです。
それはそれは眠るように安らかに。

妹が一週間、休みで帰ってきてドルトと一緒にすごして帰った次の日がなくなった日です。

妹本人は、泣いて運転できなくなるからと戻ってきませんでした。

だからドルトは妹が家に着いたのをきちんと確認したのでしょう。

父や弟とはそういう話はしていないけれど、それぞれ思いがあるはずです。

もう少し介護が長引くと思ったので、いろいろな人にブログを知ってもらえるかと思っていたのですが…

それでも、ドルトと過ごしてきた中で特に老犬と暮らしている方に知ってもらいたいと思っていても、書けなかったことがあります。

そのことを書くことで検索に引っかかったり、新着からたどり着いたりする方の役に立てるかもしれない。

だから、気ままになってもブログは続けます。

新しい家族となる子を授けてもらえるようにドルトにお願いもしてあるし。(父のみ反対中)

老犬と呼ばれる全てのわんこ、がんばれ!

ニックネーム ドルママ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする